「アルバイト」は英語?

「アルバイト」は英語?

学生のアルバイトは、今も昔もよくある話。

最近は、副業を認める、あるいは今後副業を認めようという企業も増えてきた。

今後も「アルバイト可」の企業が増えそうです。

 

「アルバイト」は英語?

日本語の「アルバイト」、短く「バイト」は英語ではなくドイツ語の「Arbeit」。

ドイツ語の大文字で始まる「Arbeit」は「仕事、労働、勉強」の意味の名詞。英語で言うと名詞の「work」。

ドイツ語の小文字で始まる「arbeiten」は「働く、仕事をする、勉強する」の意味の動詞。英語でいうと動詞の「work」。

英語の work は名詞と動詞の両方で使う。ドイツ語は名詞と動詞は別の単語。綴りのおしまいが異なるので注意。

 

「アルバイト」の表現

一般的な「アルバイト」は、a part-time job [work]。

また、

日本語は「パート」と「アルバイト」は微妙に使い方が違うが、英語はどちらも a part-time job。

 

副業としての「アルバイト」は

a second job、a side job、an extra job

などと言う。

 

口語では moonlighting という表現もある。夜間の副業をすること、昼夜二つの掛け持ちの仕事をすること、の意味。

moonlight の意味は「月光、月明かりの」。動詞で「夜襲する」の意味もある。

本業は昼間、副業を月明かりの中でやる、というイメージでしょう。

 

「アルバイト」のし過ぎにはご注意!

学生諸君の中にはこんな人もいるでしょう。

 

「私はアルバイトで食いつないでいる」

I somehow make a living with the income from my part-time work.

somehow   「何とかして」

make a living  「生計を立てる」

income   「収入」

 

「私は学費をかせぐためにアルバイトに追われている」

I am under pressure to earn my school fees from part-time work.

be under pressure   「追われている」

earn   「稼ぐ」

school fees   「学費」

 

「アルバイトが忙しくて勉強ができない」

I’m so busy working part-time that I can’t do my schoolwork.

so … that ~  「非常に … なので ~ できない」

busy –ing   「~するのに忙しい」

 

「アルバイト」をしても「本業」を忘れずに頑張ろう!

ある大学の先生が学生に向かってこう言いました。

 

「君たちの本業は学生だということを忘れてはならない」

Don’t forget that your main job is being a student.

main job    「本業」

being a student    「学生であること」

 

ちなみに「being a man」は「男であること」の意味。

映画「男はつらいよ」の英語のタイトルは、

「It’s tough being a man」という。

tough  「つらい」 (この場合は「強い、丈夫な、不屈の」の「タフ」ではない)

being a man  「男であること」

 

英語の勉強で大事なことは、言葉の意味とその並べ方。単語と熟語(2つ以上の単語の組み合わせで1つの意味を表すもの)の意味を覚え、正しい順序で並べて文を作ると、通じる英語になる。

「単語、熟語を覚える → 正しい並べ方を覚える → 通じる英語」— この順番が大事。

単語、熟語は必ず文の中で覚える。それが使える英語への最短ルート。

このレッスンでは、よくある間違いをしないためのワンポイントレッスンを紹介します。

関連記事

  1. 「オルゴール」は「オール・ゴールド」全部、金?

  2. 「arm と arms」「腕と武器」使い分けと違い

  3. 「トラック」|「track と truck」使い分けと違い

  4. 「教える」|「teach」「educate」「train」「instruct」「coach」「tutor」の使い分け

  5. 「garden と yard」|「庭」の使い分けと違い

  6. 「飲む」|「drink」「have」「sip」「swallow」「take」の違いと使い分け

  7. 「ホーン(警笛)とホルン(ラッパ)」|「ホーン」は鳴らし、「ホルン」は吹く

  8. 「train」|「列車」と「訓練する」|意味の関係は?

  9. 「手と腕」「hand と arm」の使い分けと違い