新時代の夜明け

カメラ画像の新技術で医療も進歩

12月1日いわゆる4K8Kの衛星放送が始まりました。とは言え対応するテレビ、チューナーを備えた家庭は10パーセントそこそこなのです。

 

その一方で医学の領域では新時代を画する手術が行われました。

 

超高精細の8Kカメラを搭載した内視鏡を使い直腸癌患者の手術が12月17日、北海道旭川市にある旭川医科大学病院で行われました。

 

画像解像度は従来の内視鏡の16倍です。

 

画像技術の進歩のおかげで医師たちは神経や血管のモニターでの確認がさらにし易くなり、内視鏡手術がより安全・正確になるとのことです。

 

8K技術でテレビ放送がさらに魅力的になり、そして私たちの寿命もより長くなるのでしょう。

関連記事

  1. A New Holy Land, Kamuikotan in Hokkaido

  2. The First Day of Drift Ice

  3. 落花生の豆まき 北海道

  4. Otaru Snow Light Pass

  5. Airplane or bullet train, to Hokkaido

  6. 東京・自由が丘に北海道のカフェ、オープン

  7. 「函館港に豪華客船」ダイヤモンド・プリンセス 入港

  8. ディノス札幌中央ビル(旧札幌スガイビル)6月閉店、北海道札幌

  9. 飛行機、それとも新幹線?