新時代の夜明け

カメラ画像の新技術で医療も進歩

12月1日いわゆる4K8Kの衛星放送が始まりました。とは言え対応するテレビ、チューナーを備えた家庭は10パーセントそこそこなのです。

 

その一方で医学の領域では新時代を画する手術が行われました。

 

超高精細の8Kカメラを搭載した内視鏡を使い直腸癌患者の手術が12月17日、北海道旭川市にある旭川医科大学病院で行われました。

 

画像解像度は従来の内視鏡の16倍です。

 

画像技術の進歩のおかげで医師たちは神経や血管のモニターでの確認がさらにし易くなり、内視鏡手術がより安全・正確になるとのことです。

 

8K技術でテレビ放送がさらに魅力的になり、そして私たちの寿命もより長くなるのでしょう。

関連記事

  1. 新たなる聖地巡礼 カムイコタン

  2. 「北海道の観光情報・イベント」様々な情報を紹介

  3. 厳寒の北海道でダイヤモンドダストを見よう

  4. 「百年記念塔解体後、校章・校歌は?」

  5. 「大倉山、宮の森ジャンプ台、集約案」北海道札幌

  6. 雪まつりの他にも 楽しい冬を 北海道

  7. 北海道に観光列車が再登場 JR北海道とJR東日本、東急とのコラボ

  8. 「北海道の桜」開花予想、道南から

  9. 26両編成の保安列車運行、北海道釧路