小樽商科大学2017年第5問(a)

小樽商科大学2017年第5問(a)

小樽商科大学の2017年第5問(a)は、グラフを読み解き、グラフで表されているデータの特徴を英語で記述する方式です。

今回の小樽商科大学の自由英作文のレベルは、下記の通り。

レベル 内容
高校生 グラフに表し、理解しやすくする
難関私立大 グラフを読み取り、その内容を表す英文を選択肢から選ぶ
小樽商科大学 グラフを読み解き、英語で表現させる

上記の通り、小樽商科大学の自由英作文は、将来のビジネスで使える基礎となる英語力を試す試験です。

「小樽商科大学 自由英作文」2017年 第5問(a)

【問題】

Look at the pie charts below.  Compare and contrast the two charts and write your own analysis of them. (About 60 words)

「小樽商科大学 自由英作文」の考え方

  1. 英語の問題文を読む
  2. 単語・文法をチェックする
  3. 問題文の内容を把握する
  4. 解答に必要な単語をピックアップする
  5. ストーリーの展開を考える
  6. 英作文を作成する

単語・文法

レベル 単語・文法
初級 coal 石炭
初級 oil 石油
初級 natural gas 天然ガス
中級 hydroelectricity 水力電気
中級 nuclear electricity 原子力発電

答えを導くために必要な単語・文法

レベル 単語・文法
中級レベル energy demand エネルギー需要
中級レベル industry 産業
中級レベル remarkably 非常に
中級レベル decrease 減少する
中級レベル in contrast 対照的に
中級レベル present 現在の
中級レベル depend on ~に依存する、~に頼る、
初級 area 分野
中級 emerge 現れる

自由英作文の解き方

  1. 問題文を翻訳(内容を把握)する
  2. グラフを読み取る
  3. 必要な単語を問題用紙にメモする
  4. 自由英作文を作成する
1.問題文を翻訳(内容を把握)する

問題文(英語)

Look at the pie charts below.  Compare and contrast the two charts and write your own analysis of them. (About 60 words)

問題文(翻訳)

下の円グラフを見なさい。二つのグラフを比較し分析したことを書きなさい。(60語前後)

2.グラフを読み取る

グラフから次のことを読み取っていく。

1925年のグラフからはエネルギー需要は石炭81%、石油14%、天然ガス3%、水力2%であることがわかる。

現在のグラフからは、石炭14%、石油54%、天然ガス16%、原子力10%、水力6%であることがわかる。

原子力が新たな分野として現れている。

整理すると、以下の通り。

石炭需要は1925年の81%から現在の14%へと劇的に減少している。

石油の需要は14%から54%へと増加した。

天然ガスの需要は5%以上増加した。

現在のグラフには、1925年には使われなかった原子力エネルギーが含まれる。

3.必要な単語をメモする

円グラフ  pie chart

比較する  compare

産業の  industrial

エネルギー  energy  (注意:英語の発音は「エナジー」。カタカナの「エネルギー」はドイツ語 Energie から日本語に入った)

需要  demand、need

現在  present

必要  need

劇的に  drastically    (注意:英和辞典で drastically を引いても「劇的に」の意味を載せていない辞書が多い)

減少する  decrease

増加する  increase

大幅に、大きく  greatly

天然ガス  natural gas

~を含む  include

原子力エネルギー  nuclear energy

4.自由英作文を作成する

ポイント!

1925年と現在の産業のエネルギー需要に関して、各分野の数字の増減について記述する。

石炭需要は1925年の81%から現在の14%へと劇的に減少している。

石油の需要は14%から54%へと増加した。

天然ガスの需要は5%以上増加した。

現在のグラフには、1925年には使われなかった原子力エネルギーが含まれる。

自由英作文の模範解答

グラフから読み取ったことを英語で記述していく。

解答例1(必要なレベル)

These two pie charts compare the industrial energy demand in 1925 and the present.  We can see that the need for coal has decreased drastically from 81% in 1925 to 14% in the present day.  The demand for oil has increased greatly, from 14% to 54%.  The demand for natural gas has also increased by over 5 times.  The present day chart includes nuclear energy, which was not used in 1925.  (71語)

 

解答例2(最低限必要とされるレベル)(高校初級レベル)

The two pie charts show how the industrial energy demand in 1925 and the present similar or different.  The need for coal has decreased very much from 81% to 14% in the present day.  The demand for oil has become bigger in amount very much, from 14% to 54%.  The demand for natural gas has also become bigger by over 5 times.  Nuclear energy appeared in the preset day chart. (70語)

関連記事

  1. 小樽商科大学2014年第5問(b)

  2. 小樽商科大学「英語過去問 第4問」|2018年2月実施

  3. 小樽商科大学2010年第5問(b)

  4. 小樽商科大学過去問|2017年第2問 解説

  5. 小樽商科大学2012年第5問(1)

  6. 小樽商科大学過去問|2017年第2問 解答

  7. 小樽商科大学 過去問 2018年02月25日実施 第5問 問題

  8. 小樽商科大学2019年第5問(a)

  9. 小樽商科大学2013年第5問(a)