いよいよ流氷の季節が訪れました

いよいよ流氷の季節が訪れました

2019年1月13日、北海道網走市にある網走地方気象台の職員が沖合20キロ付近に帯状の流氷を観測し、この日が「流氷初日」となりました。昨年より15日早く、平年より8日早い流氷の訪れです。

また紋別市では1月26日、オホーツクタワー(紋別港にある観測点)から平年より3日遅く、昨年より4日早く肉眼で流氷が見え、この日が「流氷初日」でした。

1月25日には、オホーツク管内斜里町の以久科(いくしな)原生花園の海岸に流氷が接岸。

1月29日、網走市で同じく流氷が海岸に到達する「流氷接岸初日」が観測されました。これは平年及び昨年よりも4日早い観測でした。「流氷接岸初日」とは、流氷が沿岸を覆い船舶が航行できなくなる最初の日を言います。

海の上からの流氷観光もできるのが北海道です。

紋別港から世界初の流氷砕氷観光船「ガリンコ号」、網走港からは流氷観光砕氷船「おーろら1」「おーろら2」が流氷帯を進んでいきます。

船上からの流氷は陸からは見られない迫力があるものです。冬期間、道東を訪れ、北海道でしか見られない流氷をご覧ください。良い写真が撮れること、請け合いです。

関連記事

  1. 「サクラ、札幌にも到着」北海道札幌|満開は10連休前半

  2. A New Holy Land, Kamuikotan in Hokkaido

  3. The Dawn of a New Era

  4. 札幌円山動物園 ゾウ公開 12年ぶり

  5. 「桜、開花」北海道松前|見ごろは5月18日頃まで

  6. Airplane or bullet train, to Hokkaido

  7. 「名物とうきびワゴン」始まりました|北海道札幌、大通公園

  8. 「クァンタム・オブ・ザ・シーズ入港」北海道函館港

  9. 26両編成の保安列車運行、北海道釧路