いよいよ流氷の季節が訪れました

いよいよ流氷の季節が訪れました

2019年1月13日、北海道網走市にある網走地方気象台の職員が沖合20キロ付近に帯状の流氷を観測し、この日が「流氷初日」となりました。昨年より15日早く、平年より8日早い流氷の訪れです。

また紋別市では1月26日、オホーツクタワー(紋別港にある観測点)から平年より3日遅く、昨年より4日早く肉眼で流氷が見え、この日が「流氷初日」でした。

1月25日には、オホーツク管内斜里町の以久科(いくしな)原生花園の海岸に流氷が接岸。

1月29日、網走市で同じく流氷が海岸に到達する「流氷接岸初日」が観測されました。これは平年及び昨年よりも4日早い観測でした。「流氷接岸初日」とは、流氷が沿岸を覆い船舶が航行できなくなる最初の日を言います。

海の上からの流氷観光もできるのが北海道です。

紋別港から世界初の流氷砕氷観光船「ガリンコ号」、網走港からは流氷観光砕氷船「おーろら1」「おーろら2」が流氷帯を進んでいきます。

船上からの流氷は陸からは見られない迫力があるものです。冬期間、道東を訪れ、北海道でしか見られない流氷をご覧ください。良い写真が撮れること、請け合いです。

関連記事

  1. 雪まつりの他にも 楽しい冬を 北海道 その2

  2. 「クルーズ船、続いて寄港」北海道函館港

  3. 新時代の夜明け

  4. 「北海道函館港、若松埠頭にアザマラ・クエスト接岸」

  5. 北海道に観光列車が再登場 JR北海道とJR東日本、東急とのコラボ

  6. 飛行機、それとも新幹線?

  7. 厳寒の北海道でダイヤモンドダストを見よう

  8. A New Holy Land, Kamuikotan in Hokkaido

  9. 新たなる聖地巡礼 カムイコタン